肩関節を構成する関節と肩甲骨の動き

解剖学
この記事は約4分で読めます。

肩関節を構成する関節と肩甲骨の動き

肩関節の病態や評価を知る前に、肩関節の解剖学や運動に関与する筋の働きや、運動学について勉強していきましょう。

量が多くなってしまうので、今回は肩関節を構成する骨と関節について上肢の動きを理解するために肩甲帯の動きについて復習しようと思います。

スポンサーリンク

肩を構成する骨と関節

肩を構成する骨

肩関節を構成する骨の名称

肩関節を構成する骨の名称 (クリックで拡大)

 

右の肩の部分を拡大した図です。まずは関節を構成する骨の名前からいきます。

肩を構成する関節の名称

肩を構成する関節の名称(クリックで拡大)

 

肩関節は上の5つの骨から構成されています。広義の肩関節は下の5つの関節に分かれます。

肩を構成する5つの関節

  1. 肩甲上腕関節
    いわゆる狭義の肩関節です。上腕骨の上腕骨頭と肩甲骨の関節窩から構成される球関節です。
  2. 胸鎖関節
    鎖骨の肋骨側と胸骨(の鎖骨切痕)で構成される鞍関節です。上肢帯と体幹をこの関節だけで連結しています。
  3. 肩鎖関節
    鎖骨の肩峰側と肩甲骨の内側縁との間にできる平面関節です。
  4. 第2関節(上腕上方関節)
    解剖学的関節ではありませんが、三角筋の下で肩甲上腕関節を補う役割をする機能関節です。

    肩関節はたくさん、大きく動きます。言い方を換えると脱臼しやすい不安定な関節です。
    肩関節の上方の安定性を高めるため、烏口肩峰靭帯、烏口突起、肩峰からなるアーチ状の烏口肩峰弓によって脱臼しにくくなっています。

  5. 肩甲胸郭関節
    胸郭上を肩甲骨が滑るように動く機能的な関節です。
肩甲胸郭関節

肩甲胸郭関節の動き(クリックで拡大)

 

この肩甲下筋と前鋸筋の間を肩甲胸郭関節といいます。肩甲骨は胸郭に沿って青矢印の方向に滑っていきます。

この関節部分にある肩甲胸郭関節包は癒着しやすく、肩甲骨の可動域制限を引き起こしやすくなるので、肩甲骨をアプローチする場合はまずこの癒着を剥がしましょう。

肩甲骨の動きと筋肉

鎖骨の動きは、胸鎖関節肩鎖関節で行います。このとき、常に肩甲骨の動きを伴います。また、肩甲骨の運動は通常、肩関節における上肢の運動を伴います。

要するに、上肢の動きを理解するには肩甲骨の動きを知らなければいけません

 

ということで、次は肩甲骨の動きとそれを担う筋についてみていきましょう。

学生の頃、これらを覚えるのが苦手で国家試験では簡単な肩甲骨の絵を描いていました。国家試験では頻回に問われる内容なので、学生さんにはぜひ全部覚えて欲しいですね。

肩甲骨は6つの動きに分けられます。相反する動きごとに分けていきます。

挙上・下制

肩甲骨の挙上と下制

肩甲骨の挙上と下制(クリックして拡大)

 

挙上は肩甲骨を上方に引き上げる運動で、いわゆる「肩をすくめる」動きです。下制は、肩甲骨を下方へ引く運動です。

  • 挙上の動き

肩甲骨の挙上

  • 下制の動き

外転・内転

肩甲骨の外転と内転

肩甲骨の外転と内転(クリックして拡大)

 

外転は肩甲骨が胸郭の後方から前外方へ移動する運動です。手で物を押すときに肩甲骨が外転します。内転は肩甲骨が胸郭に沿って前方から後内方に移動する運動で、胸を反らすときなどに起こります。

  • 外転の動き

肩甲骨の外転

  • 内転の動き

肩甲骨の内転

上方回旋と下方回旋

肩甲骨の上方回旋と下方回旋

肩甲骨の上方回旋と下方回旋(クリックして拡大)

  • 上方回旋の動き
    上腕が外転するときに30°を過ぎると肩甲骨の上方回旋が起こるという説があります。(上腕2°ごとに肩甲骨が1°ずつ上方回旋する。)これを肩甲-上腕リズムといいます。これはとても奥が深い内容になってくるので、また別の機会に話そうと思います。

肩甲骨の上方回旋

  • 下方回旋の動き

肩甲骨の下方回旋

 

今回、肩関節を勉強する際に必要な基礎となる内容をまとめてみました。基礎の基礎なので学生のみなさんにもぜひ覚えて欲しい内容です。さて、次回はやっと肩関節について触れていこうと思います。画像や動画が多くて申し訳ございません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました