大腿筋膜張筋

筋肉データ
この記事は約2分で読めます。

大腿筋膜張筋

大腿筋膜張筋

 

スポンサーリンク

起始停止

起始:上前腸骨棘

停止:腸脛靭帯

腸脛靭帯は大腿筋膜張筋の連続で、脛骨の外側顆(Gerdy結節)に付着

腸脛靭帯の一部は頭側方向にも伸び、股関節嚢の外側部と結合

神経支配

上臀神経(L4~S1)

血液供給

外側大腿回旋動脈、上臀動脈

働き

股関節の屈曲
股関節の外転
股関節の内旋

腸脛靭帯を介した膝関節の運動

大腿筋膜張筋の膝関節への作用

大腿筋膜張筋の膝関節の作用


膝関節屈曲角度<90°:膝関節伸展運動に作用
膝関節屈曲角度>90°:膝関節屈曲運動に作用

その他の機能

・立位保持の左右動揺に対する補正機能(不安定な肢位によって働きます)。

・中殿筋・大殿筋とともに片脚立位時の骨盤の安定性に寄与しています。

・腸脛靭帯の緊張の調整を担っています。

触診

触診する肢位は股関節屈曲・外転・内旋の複合運動をとりましょう。(下図参照)

大腿筋膜張筋の触診

 

触診部位は上前腸骨棘の後方です。(下図参照)

大腿筋膜張筋の触診2

股関節の屈曲・外転・内旋を保持してもらうことで、大腿筋膜張筋・腸脛靭帯が強く収縮するのが触れるはずです。

関連疾患

・上前腸骨棘裂離骨折(大腿筋膜張筋の過剰な収縮により生じる可能性がある。)

・腸脛靭帯炎(腸脛靭帯と脛骨外側上顆との摩擦で生じることが多い。)

・Osgood-Schlatter病(大腿筋膜張筋の拘縮が認められる。)

・思春期脊椎分離症(腸腰筋(腸骨筋大腰筋)や大腿筋膜張筋などの股関節屈筋群の拘縮が認められる。)

 

整形学的テスト(Oberテスト)

このテスト知ってる!大腿筋膜張筋と腸脛靭帯の緊張の有無を評価するテストでしょ?

 

 

教科書ではそのように記載されているね!でも最近の研究でおもしろいことが明らかになったよ!

 

Oberテストの臨床意義

①腸脛靭帯を切断してもOberテストの結果(股関節の内転角度)は有意な変化を認めかった。

②中殿筋・小殿筋、股関節の関節包を切除することでOberテストの結果(股関節内転角度が3~4°以上の増加を認めた)に影響を及ぼした。

 

 Ober testは中殿筋・小殿筋、股関節の関節包のタイトネスの評価であることが示唆された。

いままでの常識を覆すような研究だね!「既成のモノはすべて正しい!」と思わない姿勢を見習わないといけないね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました